穏やかなツーショット

多頭飼い comments(0) trackbacks(0) びょーん

JUGEMテーマ:ねこのきもち

久しぶりの更新となってしまいました汗

 

ちょびたまは、最近、比較的近い距離で穏やかに過ごす時間が以前よりも増えてきました。

6月のある日、このようなシーンが見られました。

 

新入り猫のたまが、先住猫のちょびの腰のあたりのニオイを確認しています。

ちょびもそれを受け入れているようです。

 

しばらくしたら、今度はこのようなシーンに出くわしました。

2匹が同じ座椅子に座り、たまの背中をちょびが舐めていました!

本当は舐めている瞬間を撮影したかったのですが、

カメラに気づくと急に舐めるのをやめ、

ちょびが立ち去ってしまいました苦笑

この写真は、ちょびが舐めるのをやめた瞬間の、まだ舌が出ているときの写真です。

 

そして今朝、2匹とも廊下でゴロンとしていて、夫が近くにいるちょびをなでています。

この構図は、本年3月4日の記事「念願のツーショット!?」と似ていますが、

以前よりもちょびの表情が和らいでいるような気がします。

 

ちょびちゃん、たまちゃん、お互いに少しずつ慣れてきたのかな?

仲良くなれるのを気長に待っているよにこにこ

 

たま、抜糸完了

避妊・去勢 comments(2) trackbacks(0) びょーん

JUGEMテーマ:ねこのきもち

昨日(5月6日)、いよいよたまの避妊手術(4月22日実施)後の抜糸の日です。

出発前にキャリングケースを開けると、なぜかたまが自発的に入ってきました。

 

このようなことはちょび、たまを通じて初めてです。

自分にとって良いこと(=お腹の糸がなくなる)が起こりそうだと察知したのでしょうか。

いずれにせよ、いつになくスムーズに出発できました。
ちょびに「行ってきます」の挨拶をしましたが、ちょびとしては窓の外の方が気になるようでした。
病院に到着し、準備中の先生を診察台の上で待っているたまの様子です。
「ニャー」と鳴いています。
抜糸の瞬間は、さすがのたまも緊張していたようです。
ちなみに、抜糸自体はあっという間に終わりました。
「抜糸後に残っているお腹の穴を舐めることによる感染を防ぐため、当日中はまだエリザベスカラーをしておいてくださいね」との、先生からの説明を受けている間、なぜか夫の肩の上に上るたまです。
たまちゃん、よくがんばったね。
エリザベスカラー、(外したあとに舐めすぎなければ)もう少しの辛抱だよ笑顔

たまの避妊手術

避妊・去勢 comments(2) trackbacks(0) びょーん

JUGEMテーマ:ねこのきもち

 

4月22日(土)、避妊手術に向けていざ出発びっくり、というときのちょびの様子です。

身の危険を感じたのか、テレビの後ろに隠れてしまいました。

 

同じときのたまの様子です。落ち着いています。

 

ちなみに、今回手術を受ける(受けた)のは「たま」で、

ちょびは今回はお留守番ですので、念のため。

 

診察室で、先生が採血の準備中のちょっとした待ち時間に周囲を探索したがる、好奇心旺盛なたまの様子です。

 

早いもので、我が家に迎えたとき(本年1月)に1.2kgだったたまの体重は、すでに2kgを超えています。

 

さすがの肝っ玉のたまも、術前検査の採血の時は緊張気味でした。

お昼過ぎに、無事に手術が終わったとの連絡が病院から入り、夕方迎えに行きました。

帰宅直後のたまの様子です。

 

そして、エリザベスカラーを装着したたまを見たちょびの様子です。

見慣れないものを見るかのように警戒しています。
ちょびちゃん、怖がらなくても大丈夫だよ、たまちゃんだよ。
ちょびちゃんもエリザベスカラーをつけてた時期があるんだよにこにこ

 

たまはしばらくの間、家の中を歩き回っていましたが、
夜になると麻酔が切れたためか、動くのが辛そうに休み始めました寝る

 

しばらくすると、ちょびがたまの様子を見に来ました。

 

たまちゃん、しばらくの間、傷口が痛むかもしれないけど辛抱してね。。。

 

 

同居開始!

多頭飼い comments(0) trackbacks(0) びょーん

JUGEMテーマ:ねこのきもち

約2ヶ月間、1階と2階で別々に暮らしていたちょびたまですが、ついにたまのケージを2階→1階に移設しました。

同居生活の始まりですびっくり

 

移設作業中、興味津々のちょびとたまです。

 

ちょびが、たまのケージを観察しています目

 

たまは、ケージ移設後もくつろいでいる様子です。

 

 

念願のツーショット!?

多頭飼い comments(2) trackbacks(0) びょーん

JUGEMテーマ:ねこのきもち

1月29日以来、久しぶりの更新になってしまいました。

気が付くと、日差しが春めきつつある今日この頃です晴れ

 

1月8日にたまを迎えて2か月が経とうとしています。

 

ふと廊下を見ると、珍しくちょびとたまが並んでくつろいでいます。

向かって右側が5才の先住猫ちょび、左側が生後4か月の新米猫たまです。

たまは我が家に来た当初は全体的に黒っぽかったのですが、最近、茶色の部分が増えてきて(この写真ではわかりにくいですが)、ちょびに似てきました。

体の一部分だけ見ると、飼い主でも一瞬ちょびかたまか迷うことがあります汗

 

ちょびとたまは顔を合わせると、主に元気いっぱいのたまの方からちょびにちょっかいをかけて

取っ組み合いが始まってしまい、なかなかこのような場面を見ることがありません。

 

せっかくなのでもっと近づいて撮影しようとすると…

ちょびに気づかれてしまいました。

 

ちょびは離れたところに移動してしまい、たまだけが残りました。

 

ちょびちゃん、せっかくなのでもうちょっとたまちゃんと一緒にいようよ。

たまちゃん、もうちょっと大きくなると、ちょびと一緒にじっとできるようになるのかな?

恨めしそうな(!?)ちょび

ヘン顔 comments(0) trackbacks(0) びょーん

JUGEMテーマ:ねこのきもち

2週間前の話(小ネタ)ですが、先住猫ちょびのいる我が家に

たまを迎えて1週間後の1月15日(日)のことです。

 

夫がたまと2階で遊んでいました。

 

すると、少しだけ開けていたその部屋のドアが開くギーッという音がして…

 

 

 

ちょびもたまもベジタリアン

ベジタリアン comments(2) trackbacks(0) びょーん

JUGEMテーマ:ねこのきもち

先住猫のちょびが野菜好き、つまりベジタリアンであることは過去に何度か紹介してきましたが(例えばこちら)、

最近、新入り猫のたまにもその兆しが見られるようになりました。

 

ある日、ちょびに初めて水菜を与えましたところ、
過去に食べていた他の野菜(キュウリ、白菜等)と同様に喜んで食べましたにこにこ

 

しばらくして、ちょびがくつろいでいると、
たまがちょびとの対面のために1階に来て、
ちょびのお皿に入っている、食べ残しの水菜を見つけました。
(基本的にはまだちょびは1階、たまは2階で過ごしていて、飼い主が見守りながら時々対面させています。)

 

するとたまも、先ほどのちょびと同様に喜んでムシャムシャとその水菜を食べ始めました。

 

このとき、ちょびは特に怒らずにこの様子を眺めていました。

 

おや、水菜がお皿からこぼれたようです。

 

この後、たまはちょっと予想外の行動に出ました。

 

 

 

たまの、ちょびとの違い

子猫 comments(0) trackbacks(0) びょーん

JUGEMテーマ:ねこのきもち

たまを迎えて2週間が経過しました。

この2週間でちょびとの違いについて気づいたことを書いてみます。

 

前回のブログでも触れましたが、たまは、我が家に到着直後から比較的落ち着いた様子で、

すぐにトイレを上手に使い始め、お水やフードもすぐに口にし始めました。

 

そして、疲れていたのもあると思いますが、用意したベッドですぐにくつろぎ始めました。

 

そして、我々が呼びかけるとのどをブーゴロと鳴らしながら「ミュー」と元気よく答えてくれます。

 

 

新入りネコ「たま」を迎えました

子猫 comments(2) trackbacks(0) びょーん

JUGEMテーマ:ねこのきもち

ちょうど2週間前の話になりますが、1月8日に新入りネコねこの「たま」を迎えました。

昨年10月末生まれの、元気そうなサビ柄の女の子ですき

 

現在は、ちょびが1階、たまが2階、とすみ分けています。

 

たまは、我が家に到着した当初から落ち着いた様子です。

 

それに対して、ちょびはなんとなく落ち着かない様子です。

 

2階の様子が気になるのか、時々1階で耳をそばだたせるちょびです。

 

階段を上がろうとして躊躇しています。

 

何度目かの帰省

思い出 comments(2) trackbacks(0) びょーん

JUGEMテーマ:ねこのきもち

あけましておめでとうございます門松

あまり更新できておりませんが、本年もよろしくお願いいたします。

 

この年末年始に、何度目かのちょびを連れての帰省を実施しました。

 

帰省先に到着直後のちょびの様子です。
毎度のことながら、瞳孔が開き、落ち着かない様子です。
しばらしてケージから出してもらったちょびは、
周囲を探索し始め、仏壇に興味を示しました。
我々の「いたずらはダメだよ!」
というオーラを感じたのか、仏壇から離れ、
今度はふすまの向こう側に興味を示しました。
ちょびちゃん、脱走しないようにね!

 

 

続きを読む >>
無料ブログ作成サービス JUGEM